TOPページ >> 最近の主な成果・業績

最近の主な成果・業績

2019-04-26
卒業生の論文がStroke誌に受理されました

著者名 Susumu Kobayashi, MD; Shingo Fukuma, MD; Tatsuyoshi Ikenoue, MD; Shunichi Fukuhara, MD; Shotai Kobayashi, MD,: on behalf of the Japan Stroke Data Bank
論文タイトル Effect of edaravone on neurological symptoms in real-world patients with acute ischemic stroke: Japan Stroke Data Bank, Stroke (in press)
和文要旨:日本では急性期脳梗塞の治療において脳保護薬エダラボンが約半数近くで使用されている。急性期脳卒中を扱う中核病院94施設の大規模データベース(日本脳卒中データバンク)を用いて脳梗塞病型別(アテローム血栓性梗塞、心原性脳塞栓、ラクナ梗塞、その他)にエダラボンの神経症候改善効果を検証。対象者は2001年6月〜2013年7月までに入院し、年齢18歳以上、発症14日以内の脳梗塞病型分類が確定した急性期脳梗塞61,048名。エダラボン投与の有無で群分けし、アウトカムである入院中の神経症候改善効果(ΔNIHSS = 退院時NIHSS − 入院時NIHSS)を比較。年齢、性別、血圧、入院時NIHSS、脳梗塞サイズ、併存症、併用薬などを交絡として多変量線形回帰モデル、傾向スコア逆数重み法で解析。いずれの脳梗塞病型においてもエダラボン投与群は非投与群と比較して統計学的に有意な神経症候改善効果を認めるが、その効果はΔNIHSS1ポイント未満であり限定的であることが示唆された。

2018-12-07
2000年以降受理された論文432編中、IF5以上のHigh Profile論文は73編(約17%)でした(なお、2017年に受理された欧文論文は50編でした)


2018-01-21
大学院生の論文がJGIM(Journal of General Internal Medicine)に掲載されました。

青木拓也(博士(医学)課程3年)の論文がJGIMに掲載されました。
プライマリ・ケアにおけるPatient Experience(PX)がケアのバイパス(近隣の診療所が提供するプライマリ・ケアを経由せず、病院を直接受診する患者行動)に及ぼす影響を検証した多施設前向きコホート研究です。階層ベイズモデルの結果、Japanese version of Primary Care Assessment Tool で評価したPXは、ケアのバイパスと負の関連を示しました。我が国の様に緩やかなゲートキーピング・システムを採用する場合、プライマリ・ケアにおけるPXの向上が、医療資源の適正利用を促す可能性があることが明らかになりました。
詳細はこちらを参照下さい。

2016-07-22
博士課程の院生がDiabetes Careに掲載されました。

博士課程1回生の山崎大の論文がDiabetes Careに掲載されました。

Yamazaki H, Tsuboya T, Katanuma A, Kodama Y, Tauchi S, Dohke M, Maguchi H. Lack of Independent Association between Fatty Pancreas and Incidence of Type 2 Diabetes Mellitus: 5-Year Japanese Cohort Study, Diabetes Care, 2016 (in press).

【和文要旨】
基礎研究や横断研究で、膵臓の脂肪沈着が膵β細胞障害・糖尿病と関連することが示されている。しかし縦断研究はなく、膵脂肪沈着が糖尿病を引き起こすかは不明であるため、5年間のコホート研究を行った。2008年に札幌でCT健診を受診した813名を対象とし、CT値で評価した膵脂肪沈着と糖尿病発症の関連を検討した。性・年齢を調整した解析で、膵脂肪沈着と糖尿病発症の関連が認められたが、BMIや脂肪肝を含む多変量解析では有意な関連は認められなかった。膵脂肪沈着と糖尿病発症の間に、独立した関連はみられなかった。

2016-05-30
卒業生の論文がMedicineに掲載されました(クリックによりジャンプします)


2016-02-28
教員の論文がTherapeutic Apheresis and Dialysisにアクセプトされました。

Ikenoue T, Fukuma S, Yamamoto Y, Yamazaki S, Akizawa T, Akiba T, Saito A, Kurokawa K, Fukuhara S. Influence of staff encouragement on perceived burden of dietary restriction among patients living alone. Therapeutic Apheresis and Dialysis (in press).

2015-05-01
大学院生の論文がBMJ Open にアクセプトされました。

Yamamoto S, Yamazaki S, Shimizu T, Takeshima T, Fukuma S, Yamamoto Y, Tochitani K, Tsuchido Y, Shinohara K, Fukuhara S. Prognostic utility of serum CRP levels in combination with CURB-65 in patients with clinically suspected sepsis; decision curve analysis. BMJ Open (in press)

2015-04-30
大学院生の論文がAnnals of Transplantationにアクセプトされました。

Murakami M, Fukuma S, Ikezoe M, Nakamura M, Yamamoto Y, Yamazaki S, and Fukuhara S.
Effect of an educational program on attitudes towards deceased organ donation. Annals of Transplantation (in press).

2015-04-27
大学院生の論文がJapanese Journal of Clinical Oncologyにアクセプトされました。

Kataoka Y, Yamamoto Y, Otsuki T, Shinomiya M, Terada T, Fukuma S, Yamazaki S, Hirabayashi M, Nakano T, Fukuhara S. A new prognostic index for overall survival in malignant pleural mesothelioma: the rPHS (regimen, PS, Histology, or Stage) index. Japanese Journal of Clinical Oncology (in press).

2014-06-19
教員の論文がInternational Urology and Nephrologyにアクセプトされました。

Tsuruta Y, Nitta K, Akizawa T, Fukuhara S, Saito A, Karaboyas A, Li Y, Port FK, Robinson BM, Pisoni RL, Akiba T.
Association of allopurinol and mortality among Japanese hemodialysis patients: Results from the DOPPS.
International Urology and Nephrology (in press)

2014-06-19
教員の論文がInternational Journal of Family Medicineにアクセプトされました。

Bito S, Matsumura S, Kotani K, Fukuhara S.
Effectiveness of Gatekeepers in Determining the Appropriate Use of Brain MRI/MRA Tests.
International Journal of Family Medicine (in press)

2014-06-19
院生の論文がBritish Journal of Surgeryにアクセプトされました。

Kawada H*, Kurita N*, Nakamura F, Kawamura J, Hasegawa S, Kotake K, Sugihara K, Fukuhara S, Sakai Y., (*Equally contributed)
Incorporating apical lymph node status into the seventh edition of TNM classification improves prognosis prediction in stage III colon cancer: A multicenter cohort study in Japan.
British Journal of Surgery (in press)

ページの先頭へ